医学部合格を果たした家庭の体験を元にこれから医学部を目指す皆さんにアドバイス

国立大学医学部受験を普通のサラリーマン家庭から目指す人必読

医学部を目指す受験生と保護者の皆さんに伝えたいこと

医学部2次試験に向けて志望校決めで後悔しない選択を

更新日:

来年2021年1月実施の入試より、現行のセンター試験に代わって新たに大学入学共通テストが導入されることを受けて、今年度はより合格が確実な大学に志望を変更しようと考える安全志向になってしまう人も多いかもしれません。

とは言え自己採点結果などのデータから本来志望していた大学を変更を考える受験生や親御さんがいるかと思いますが、悔いが残るケースもあるため、自分は大学で何をしたいのかといった当初の夢をもう一度思い出した上で、高校・予備校の先生や家族とよく話し合ってから決断してくださいね。

それでも志望大を変更する場合は、自分が履修している科目で二次試験を受験できるのか、自分の今までの努力が実るのかをよく確認しましょう。

ここにきて、ネット上では受験ブログなどの書き込みで、ありもしないデータや根拠のない対策など、受験生や親を惑わす情報が溢れてきます。意思をしっかり持って、そんなものに惑わされず、いや、そんなものを見る暇があったら対策の勉強をしてください。そんな書き込みをするのは、本当は受験生でもなんでもない人たちが面白がって投稿したり、もう受験を失敗して諦めた人たちなんですから。

しっかり2次に受ける大学を検討し、願書の提出に間に合わせること。それ以上に大切なことはないのです。

親御さんたちも、大学の2次の情報をお子さんと共有した上で、応援しながら、スケジュール管理をしっかりとしてあげてくださいね。

我が家で選択したこと

私の子供は2浪の末、国立大学医学部に合格できたことはお話ししましたね。実は、現役の時に大きな選択がありました。

高校3年の現役での大学受験。第一志望の某国立大学医学部の前期試験を受けたのですが不合格でした。後期受験先をどうするか迷ったのですが、高校の担任からの勧めもあり、つい安全策で医学部医学科という夢から逃げて、他の学科を受けてしまったんです。後期はどの学部、学科でも難関なのですが、なんとか合格できたんですね。

しかし、我が家はそこに行かない選択をしたのです。そのままいけば、現役国立大学合格おめでとう!!となるところを、浪人して改めて医学部医学科を目指す選択をしたんです。そして、よく年はまた浪人してしまいましたが。その翌年2浪の末見事、国立大学医学部、そして防衛医科大学の両方を合格することができたんです。

まあ、結果オーライではありますが、もし2浪、3浪しても医学部合格ができなかったら、後悔しても仕切れないギリギリの選択でしたね。でも、もしあのまま医師になる夢を捨ててしまっていたら、我が子も私たち親も、一生、逃げたことを後悔し、もし再度医学部を受験していたら・・・・と思い続けることになったことでしょう。

ただ、本当にこれは人生の大きな賭けでもありますから、最終的に決めるのはみなさん、それぞれの家庭の問題です。ただ、言えるのは、こんな大きな選択を迫られるのは医学部ならではだということです。例えば経済学部から文学部に変更したとしても、それほど大きな後悔はないように思うんですよね。

-医学部を目指す受験生と保護者の皆さんに伝えたいこと

Copyright© 国立大学医学部受験を普通のサラリーマン家庭から目指す人必読 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.