医学部合格を果たした家庭の体験を元にこれから医学部を目指す皆さんにアドバイス

国立大学医学部受験を普通のサラリーマン家庭から目指す人必読

サラリーマン家庭から医学部に入れる為にすべき事

防衛医科大は学びながら給料がもらえるから経済的に苦しい家庭でも医師を目指せる

更新日:

経済的に苦しくても医学部や大学進学を諦めず、医師を目指せる防衛医大

とても優秀で医学部を目指せる学力があるにもかかわらず、家庭の経済的理由で医学部どころか大学進学自体を諦めようとしている人はいませんか。奨学金や教育ローンなどを検討した結果、それでも親に負担をかけたくないし、自分の未来への負担を残すのは避けたいという考えの人もいるでしょう。

そんな高校生や浪人生の皆さんに検討を進めたいのが防衛医科大学校(以下 防衛医大)です。

多くの人が、防衛医大を大学の一つだと勘違いし、そしてそこに入ることは進学(入学)だと思っているようですが、実はそれは間違いなのです。

防衛医大に入ることは就職と一緒、だから給料が貰えます。

防衛医大は実は大学ではありません。普通の大学が文部科学省の管轄であるのに対し、防衛医大は防衛省の管轄であり、自衛隊の医官育成機関なのです。そして、防衛医大に合格して、そこに入ることは入学ではなく「自衛隊への入隊」を意味します。入隊し自衛隊員となるわけですから給料がもらえるわけです。そして、素晴らしいのが、給料がもらえ、寮費(防衛医大は全寮制)も食費も、もちろん学費も無料です。全て防衛省の経費で賄われます。

気になる給料ですが、一体いくらもらえるのでしょうか?

毎月115800円の月給と、年2回の賞与がもらえます。全寮制なのですが、そこで必要となる寮費、食費、光熱費、学費、衣服代(制服支給)全て無料です。※個人の通信費、お小遣い、プライベートな買い物は当然個人負担ですが。

流石にサラリーマンの初任給と比べると半分程度しかありませんが、衣食住費用がかからないことを考えると納得の金額です。自分の事に使うお金は対した金額ではないので、多くの防衛医大生は貯金したり家族に仕送りしたり出来るようです。ですから、経済的に苦しい家庭でも、家庭に一切の負担をかけることなく、さらに仕送りまでしながら医師になるための勉強をすることができるという事になるのです。

給料を貰いながら医師になる勉強をさせてもらえるのが防衛医大!

防衛医大は、給料を貰いながら他の大学の医学部と同等の授業が受けられ、最終的に医師国家試験に合格すれば医師免許を取得することが出来ます。この医師免許は、普通の大学の医学部生と同じ医師国家試験を受けての免許であり、全く同じ医師免許なので、自衛隊でしか通用しない免許ではありません。

給料を貰いながら医師になる勉強をさせてもらえるなんて素晴らしいですよね。

おいしい話ばかりではない防衛医大の勤務縛り!

おいしい話には必ず裏があります。防衛医大の場合、ここで6年間勉強し卒業して医者になったら、最低でも9年間は医官として自衛隊で働かなければいけません。自衛隊ですから危険な任務地での医療活動もあるでしょう。配属によっては潜水艦で数ヶ月も海の中ということもあるかもしれません。そのような過酷な勤務や責務を覚悟しておかなければならないのです。だって、防衛医大に入った時点で自衛隊に就職しているわけですから。しかし、心配しないで。防衛医大に入った時点では医者になるための手段だったかもしれませんが、卒業する頃には、医官として国のため、国民のために働くことの責任感ややりがいを感じられるようになるそうです。

普通の病院に勤務することはできるのか?

防衛医大を卒業して医師免許を取得すると医官として最低9年間は自衛隊勤務をしなければいけませんが、償還金といって防衛医大でかかった経費を返納すれば自衛隊を除隊し普通の病院に勤務したり自分で開業したりすることが出来ます。償還金はいつ辞めるかで変わってくるのですが、すぐ辞めると5,000万円近く必要で、自衛隊での勤務年数に比例して償還金は減額されていきます。

条件は夢のようだが入学するには死に物狂いの勉強が必要な防衛医大

防衛医大に入学するのは自衛隊への就職と同じと言いましたが、就職するためには試験に合格しなければいけません。試験は大学入試と同じような筆記試験である1次試験。そして面接と健康診断の2次試験があります。この1次試験が非常に難しく偏差値が65〜68以上はないと合格できないとされy員は80名から85名ですが、約7000人前後が受験してきて倍率が18〜22%程度にもなるのです。

冒頭に、「優秀で医学部を目指せる学力があるのに・・・」という人に対してお薦めなのが防衛医大と言ったのはこう言った理由からなのです。入学するには高い学力が必要なのです。

矛盾することを言うようですが、普通の生徒なら高い学費を払って塾に通ったり、私立の進学校に入って勉強しなければ到底合格を勝ち取ることが出来ないと言う側面も持ちます。経済的に余裕のない家庭では塾も私立の進学校も望めるものではないでしょうから、現実問題、とてもIQが高い秀才でもない限り普通の高校からは入ることが出来ないのです。本当に矛盾していますよね。

まとめ 諦めないで!努力すれば夢は叶う!

これを読んでいるあなたは何歳ですか?防衛医大は年齢制限があり18歳以上21歳未満が受験資格です。つまり3回受験することが出来ます。死に物狂いで勉強すれば現役、もしくは浪人して合格することができるかもしれません。今どれぐらいの学力かに関わらず、可能性は0ではないのですから。

-サラリーマン家庭から医学部に入れる為にすべき事

Copyright© 国立大学医学部受験を普通のサラリーマン家庭から目指す人必読 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.